--どうすればファンを増やせるか

 「実は、出身地だけでなく、今、若者を中心に農村への“田園回帰”と呼べる動きが始まっている。主に団塊の世代の移住を促す目的で設立されたNPO法人『ふるさと回帰支援センター』への相談件数は、最近5年で3・7倍に増え、そのうち49歳以下が半数を超えた。中国新聞によると、中国地方の過疎地のうち4町で(転入が転出を上回る)人口社会増に転じている。50年ほど前に過疎が始まった地域だが、反転の兆しがある。ふるさと納税で地方のファンが生まれている。次は現地に来てもらい、さらに夏休みなどに移り住む『二地域居住』、最終的には移住へと段階的に進めたい。入り口で応援の『志』をそいではならない」

 --志とは

 「インターン制度を利用した農村体験などを通じて地方の人とふれあい、『あの老夫婦のために』とか、『その孫の教育のために』などと応援する気持ちが芽生えている。都会で居場所と出番のない若者が、うっとうしいほどの田舎を温かいと感じ、憧れを持ち、いつか住む日まで残っていてほしい-と思いはじめている」(原田成樹)

「ふるさと納税」のあるべき姿とは 特産品で活況も…本来の趣旨を逸脱? (産経新聞) - Yahoo!ニュース

rocketumbl:

宿野輪天堂

ジェットエンジン自転車、水噴射自転車、風力発電電動自転車、蒸気自転車

(via prizum)

#ことでん #大相撲高松場所

#ことでん #大相撲高松場所

#ことでん

#ことでん

#瀬戸内生活工芸祭

#瀬戸内生活工芸祭

Photo

Photo

手放してゆくことは、何かを得るのと同じくらい
ときにはそれ以上に大事だと、6年かけてわかった。
そして、それがとてつもなく難しいということも。
新たに手に入れ、拡げ、増やしていくことだけが、希望ではない。
たくさんはいらない。
自分がしっかり抱えて、きちんと心を配れるぶんだけ
手元にあればそれでいい。
これからは、そんな生き方をしたい。

7 | MATSUZUKA Yuko

Pjotr de Jong — Freunde von Freunden
Pjotr de Jong — Freunde von Freunden
Pjotr de Jong — Freunde von Freunden

big o project

neha-awaji:

image

image

image

image

image

image

image

image

  • image

    image

    image

    image

    image

    image

    image

    image

    image

    image

    image

big o project

“プリントを通じて
オーガニックコットンの認知度、使用率を上げること”

“そして着なくなってしまった物などをUpcycleする事”

“それを通じて直線的に突っ走るラインを曲げて
循環的な大きな円を描く事”

nice nice nice !!!!!!!!!!

謝れない人、は往々にして人を上手く頼れない人でもあります。
人に、何かを頼んだり謝ったりと自分のマイナスの側面を見せた上で肯定的に受け入れてもらって育ってこなかったからかもしれない、と自分や周囲の謝れない人たちを見ていて思います。

「謝罪」と「反省」 〜昨日のつづき。 - スズコ、考える。

日本唐揚協会